ワキガを「視覚」からもケアする対策方法!

ワキガや脇汗の臭いに悩まれる方に、ちょっと違ったアプローチでも気を付けていただきたい点がひとつあります。それは、「衣類の脇部分の汗じみ」。
一生懸命脇の臭いケアをしていても、ふとした瞬間に両腕を挙げてあらわになった、シャツの両わき部分が、あからさまに黄色や茶色のしみになっていたら…。
見てしまった人は「!?」少なからずショック、そして以降は意識してしまうでしょう。「こんなに脇が変色するくらい、すごい汗をかく人なのかな…?」と。
定期的な漂白剤の使用や、お湯への漬けおき洗いをすることで、衣類の汗じみは解消できます。これは見かけだけの問題ではなく、脇の肌を常に清潔な状態に保つと言う意味でも、間接的なワキガ対策になります。脇のお肌そのものとともに、日々のお洗濯にも気を付けることで、万全のワキガ対策をしていきましょう!

▽▼ワキガ予防で人気のサイト▼▽
ワキガはもう怖くない!ワキガの原因と効果的な対策方法

嫌な季節に突入しました

年間通じてワキガに悩まされています。特に夏場のワキガには、ほとほと困っていてワキガのニオイのみならず、汗のニオイやら生乾きでミスった洗濯も加わり、「不快臭のお宝箱やー」みたいな感じになっちゃってます。
なんとかジメジメした梅雨を乗り越えたものの、まだまだ夏の終わりには程遠い。こんな状態で香水をつけるのはタブーで不快臭を増長する結果になります。長年の経験から間違いありません。ここはデオトラントシートやスプレーで乗り切るのがベターなのさ。さて今日もお気に入り、シトラスの香りで乗り切るぞ!

汗ふきシートがあれば何とかなります

昔に比べて体臭対策はずいぶんラクになりました。
体臭対策で試行錯誤していたのは遥か昔のことで、
最近はデオドラント製品が充実しているからニオイ対策であまり困らなくなりました。
時間がない時は、シャワーを浴びれなかったりデオドラント製品を使い忘れたりして恥ずかしい思いをすることもありますが、
それだって昔に比べたら大したことありません。
たとえシャワーを浴び忘れても着替え忘れても、汗ふきシートが数枚あればそれほど体臭で困ることはありません。
汗ふきシートまで忘れてしまうとさすがにハラハラドキドキして、洗面所で腕の汗を洗い流したりハンカチをフル活用させますが、
基本は汗ふきシートがあればわたしの場合なんとかなります。